FC2ブログ

Article page

by
  • Comment:4

「いいかな」


地下の資料室の奥で溢れ出た本音は

欲情が滲み過ぎていて哀れなくらいだった。

対してチャンミンは沈黙を武器に俺の心を揺さぶる。

何も言われないのは辛い。

耐えきれなくなった俺は拳を握りしめて自制して一歩後ろへ下がった。

「悪い。

他意はないってわかってるんだけど・・・・・・どいてくれる?」

「・・・・・・何故」

「俺、心改めている最中だから」

そう言ったのにチャンミンは二歩近付いてきて俺に追い打ちをかけてくる。

これは俺を試してるのか?

もう前を見てもいられない。

「離れろって!」

思ったより大きく響いた言葉に自分でも驚いて我慢の余り瞑っていた薄目を開けて見ると

今まで一度も見た事ない顔をしていた。


「・・・・・・離れたくない」


そんな傷ついたみたいな顔するなんて

恋人みたいに慰めたくなるじゃないか。

「俺、うまく伝えられなくて後悔してるんです。

考えて言ってるのにどこか自分を守ってしまって

誤解される事とかたくさんあって・・・・・・

でも、そんな俺の事をユノは受け止めてくれて

好きだって言ってもらえて、でも言われれば言われるほど

それが本当なのか疑う自分もいて

そんな自分が間違ってるんじゃないかって思って、でも

この事はどうしても間違えたくなくて」

一生懸命に言葉を選んで口にする健気な姿。

そこまで考えてもお前を間違ってると言う奴がいるなら

そんな人間全部俺が黙らせるから

「つまり、ユノには自分を誤解されたくない」

って俺か!じゃあ話は単純だ。

よく分からないけど、離れたくないって言葉は

俺の心を響かせた。

「俺が誤解してるなら、今すぐ正して」

一歩近付いて強張る身体を胸に抱いた。

するとすごくラクになった。

こんなに安心して息を吸えるなんて

俺はずいぶんチャンミン不足が響いていたらしい。

「どうしよう」

「どうかしましたか?」

「離したくない」

今度の沈黙はこそばゆいもので、嫌じゃなかった。

「俺も、ユノと離れたくない」

どうしよう、心が繋がってしまった。

「ありがとう、チャンミン」

「俺こそありがとう。

それより・・・・・・ユノ、あんまり俺の身体触らないでくれる」

「ごっごめんっ」

「いやっその、嫌とかじゃなくてっ!

・・・・・・久しぶりに触られると

俺、感じちゃ・・・・・・気持ち良くな・・・・・・いや、違う、あぁなんて包んで伝えれば」

困っているチャンミンを抱きしめていると

あぁなんだ、我慢しているのは俺だけじゃなくてチャンミンもなんだと分かって

すごく心が軽くなった。

ずっと細い綱を歩いていると思っていたけど

それは案外しっかりしたロープで倒れそうになっても差し伸べられる手が

あったのかもしれない。

「チャンミンはエロい事したいんでしょ?」

「包め!」

「でも仕事中だからなぁ。

さすがにこんな所で抱けないよ、誰かに見つかった時大変な事になる」

「それが分かってるなら俺だって始めからあんな事言わなかった・・・・・・っ!」

「何が」

「いい、もういい。言葉なんて。俺だって、したい」

チャンミンの声はどうしてこんなに下っ腹にぐっとくるのだろう。

「ちょうどこの後外回りに行く予定が架空だけどあって直帰しようと思ってます」

チャンミンは真面目だけれどそう言う息抜きの段取りができるのは

さすがデキる男だ。

「俺も最近残業ばっかだから早め帰ろうかな」

「俺の部屋?」

「いや、前回のホテルとっとく。リベンジしないと」

「リベンジとはどういう意味?」

「いや、ほんとはさ。再会して、最初の夜一緒にホテルに泊まった時、俺全然眠れなくてさ。

それなのにグースカ寝込んでるチャンミンに

こっちの気持ちも知らずにってキレそうだったけど。

俺、相当我慢してたんだけど?」

「……俺が寝てる間にそんな事考えてたの?」

「そうだよ!」

「ふふ・・・・・・ざまあみろ」

小憎らしい顔を食ってしまいたい、あと数時間の我慢さえ辛くなる。

「俺を好きにならせた今なら価値のある夜だったでしょ」

「それって」

「待って、入り口の方に誰か来たから。

続きは今夜」

しっと唇に人差し指を当てられ、それを舌で舐めると

チャンミンが眉をひそめた。

「あぁ、リベンジでめちゃくちゃ張り切る」

「じゃ、先行きます。ユノ部長、後ほど」

立ち去るうなじに視線を奪われて見惚れたながら、

カモフラージュにダンボールを抱えてチャンミンの後を続いて資料室を出た。


退勤後を考えると地に足が着かない、浮かれてそわそわする。

何か大事な事を言われた気もするけど

それは今夜、二人きりでもう一度聞こう。



今夜、チャンミンと。

世界中に言って回りたい気分だった。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
ここまでお読みいただきありがとうございます、良ければブログの応援に1クリックお願いしますm(__)m
さて、この二人残り二回で最終回です。最後までお付き合い頂けたら幸いです^^

スポンサーサイト
m
Posted bym

Comments 4

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/05 (Mon) 13:33 | EDIT | REPLY |   
がまりあん  
ぁぁあ(*T^T)

あと2回( TДT)寂しい(*T^T)
ユノさん、意図的ではないにしろ引いたことでチャンミンの本音を聞き出せましたね~( *´艸)誠実でまっすぐなユノができたことですね!!

2018/11/05 (Mon) 15:03 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/05 (Mon) 21:38 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/07 (Wed) 02:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply